Record

2011.05.30

The Loco-Motion

こんばんは、温帯低気圧に変わったとはいえ5月に台風が通過ですよ!しか
も2号、本来ならまだ梅雨前のからっとした天気で気持ちよく過ごせるはず
なのに、ジトジトジメジメ・・・
気持ちだけでも夏のテンションでいたいので、今日は久しぶりに私のレコー
ドコレクションからノリのいいやつを紹介します。今まではオールディーズ
の大御所ばかり出して来たので、今日はそこまでではないけど、歌は誰でも
知っているヒット曲です。

The Loco-Motion 国内盤のオリジナルですよ!
11530
この歌知らない人いませんよね!ロコ・モーション!でもオリジナルが黒人
の女の子だったていうのは知らない人多いかもね!今までにもいろんな歌手
にカバーされ、何度もリバイバルされているので、歌は必ず耳にしたことが
あると思います。日本では同時代の伊東ゆかり、がっかりだった森高千里、
ORANGE RANGEのロコローションも盗作問題でさわがれたあげくカバー
曲扱いになったし、最近ではSoftbankのCMに使われたSMAPなどなど、
欧米でも沢山の歌手に歌われてきました。
故にオリジナルが黒人の少女 LITTLE EVA だと言う事があまり知られてい
ないのでしょう、'50好きオールディーズ好きに言わせたらLITTLE EVAの
ロコモーション以外はロコモーションじゃ無いんですけどね〜

この曲The Loco-Motionは機関車の名前からきているもので、特に夏の歌
という訳ではなさそうですが、なぜか昔から夏になると流れ、夏をイメージ
させる曲として扱われてきました。私はこの曲が一番印象的だったのは映画
Big Wednesday です。やはりこれも1960年代のカリフォルニアを舞台に
したサーフィン映画なので、夏のイメージです。ロコモーションとは離れま
すが、この映画 Big Wednesday めっちゃカッコいいです!観てない人は
是非一度!夏と'50sとサーフィンが大好きになりますよ〜

それでは1962年にリトル・エヴァがリリースし、デビューいきなりのビル
ボード1位になったThe Loco-Motion 原曲の映像をどうぞ!

・・・猿の惑星とか言ってないやろね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011.02.22

BE-BOP-A-LULA

こんちは〜まだまだ寒いけど今日はいい天気!!気分がいいので久しぶりに
俺らしい記事でも書こうかな!! 実に11月19日の Johnny Burnette 以来
3ヶ月ぶりのレコードコレクション紹介です!て言った途端 ページジャンプ
は勘弁して下さいヨ

はい!ついに出ました待ちに待った GENE VINCENT です!私のレコード
コレクションを初めて紹介した時の Eddie Cochran とロカビリーファンを
2分する大スターです!今日紹介するレコードは勿論 GENE VINCENT のデ
ビューシングル BE-BOP-A-LULA

まずは1950年代 Capitol Records GENE VINCENT & His Blue Capsの
国内初盤 スリーブ付きは珍しいです!
112221

そして1960年代前半の国内盤 レアな赤盤!
112223

同じく60年代前半の国内盤ですが、こちらはB面がオリジナルのWoman・
Love ではなくThe King Of Fools になっている赤盤!
112222

そして1970年代の国内再発盤
112224
て!どんだけ ビー・バップ・ア・ルーラ 持ってんだって話ですよ!
ま〜ロカビリーの王道ですから!オールディーズの神様ですから!って言い
過ぎ?とにかく私はジーン・ヴィンセント大好きなんで!その生き様もそし
てリーゼントも!

ジーン・ヴィンセントは12歳でブルースに興味を持ちギターを習い始めまし
たが15歳の時に年齢をごまかして海軍に入隊。軍隊時代1953年にオートバ
イ事故で左足に大ケガをおい、約1年間日本の海軍病院で療養生活をしてい
ました。この時不自由になった左足が後のクレイジー・レッグの異名になり
ます。入院中にまたギターを再開しヒルビリー・ミュージックに夢中になり
1954年に除隊して故郷に戻りバンドを結成、これが後の Capitol Records
デビュー当時のジーン・ヴィンセント&ヒズ・ブルーキャップスになる訳で
す。
デビューシングルのBE-BOP-A-LULAはたちまちヒットチャートを駆け上り、
全米で9位というヴィンセント自身最大のヒットソングとなりました。

その後は、前出のエディー・コクラン等と共にロックンロール黄金期を築き
あげますが、1960年にエディー・コクランとヨーロッパツアーの移動中乗っ
ていたタクシーが事故を起こし、エディー・コクランは死亡!ジーン・ヴィ
ンセントはまたまた大ケガ!不屈の精神で復活しましたが1971年10月12日
に病でこの世を去りました。以上が簡単なジーン・ヴィンセントの説明です
が、カッコイイ生き様じゃありません!?

ロカビリーファン・オールディーズファン・50'sファンには絶対に欠かせな
い名曲ですが、恐らく誰でも一度は耳にした事のある曲だと思います!

それでは例によって最後に、PCでしか観れませんが1950年代当時の超カッ
コいいBE-BOP-A-LULAの映像をどうぞ!

う〜ん最高!やっぱ俺のBLOGはこうでなくっちゃね!達成感!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010.11.19

YOU'RE SIXTEEN / DREAMIN'

今日は私の大好きなJohnny Burnetteのレコードを紹介します。
1011191

1011192
東芝音楽工業株式会社発売の LIBERTY RECORDS 国内盤EPのオリジナル
YOU'RE SIXTEEN / DREAMIN' です。しかも貴重な赤盤!!

ジョニー・バーネットはロカビリー好きにとってはカリスマ的存在のバンド
Johnny Burnette Rock'nroll Trio のボーカルです。
1950年代前半にジョニー・バーネットがお兄さんのドーシー・バーネットと
友人のポール・バーリソンの3人でカントリー色の濃いジョニー・バーネット
ロックンロールトリオと言うバンドを結成したのが高校生の時、卒業後も3
人は働きながらバンドを続け地元メンフィスのクラブで演奏し、マイナーレ
コード会社「ヴォン」からデビューしましたが、失敗!

その後高校時代からの友人、あのエルビス・プレスリーがサンレコードから
衝撃的なデビューをしたのに触発され、再度自分達もサンレコードでチャレ
ンジしたのですが、社長のサム・フィリップスには認められず、また失敗!

3度目のチャンスは1956年〜1957年にコーラル・レコードから与えられ、
7枚のシングルをレコーディングしたのですが、やはりここでも成功を逸す
ることは出来ず、トリオは解散してしまいました。しかし、この頃にレコー
ディングした
「Rock-abilly Boogie」や「Tear It Up」「Lonsome Train」
が後にロカビリーファンに認められ Johnny Burnette Rock'nroll Trio
ロカビリーのカリスマバンドになったのです。私も個人的にはロカビリーと
してのこの3曲メッチャ好きです!

そして、トリオ解散後にソロになったジョニー・バーネットはリバティー
レコードの専属歌手になり、1960年ポップバラードの「
DREAMIN'」が全
米のヒットチャートの上位に入り、やっと日の目を見る事ができたのです。
続いて2作目の「YOU'RE SIXTEEN」が全米の8位になり、ジョニーの生涯
で最大のヒットを記録する事になりました。
この2曲が収録されているのが、本日紹介した国内盤のレコードになります。
とくに「YOU'RE SIXTEEN 」はあのアメグラにも使われている名曲です。
こうしてポップスで成功し、後にロカビリーとしても認められたジョニー・
バーネットは現在でも、オールディーズファンからもロカビリーファンから
も愛される存在なのです。
残念ながら本人は1964年、私が産まれる2年前にボート事故で30歳という
若さであの世へ逝ってしまいました。

今日は、ポップスとしての
YOU'RE SIXTEEN  そしてロカビリーとしての
Lonsome Trainを歌う最高にカッコいいJohnny Burnette 2映像をどうぞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.11.09

Great Balls of Fire

こんばんは!今夜もGoodな音楽・Goodなレコードを紹介致しましょう!
第3弾には Jerry Lee Lewis の Great Balls of Fire です!いつもの様に
50'sロックにもロカビリーにもオールディーズにも興味が無い方でも知って
いる曲を選んだつもりですが、Great Balls of Fireではわからないと言う人
もいると思いますのであまり言いたくはないですが、邦題「火の玉ロック」
かなし〜「火の玉ロック」ですって!今日からは Great Balls of Fire で
覚えて下さいね!

まずは1957年のアメリカ盤  貴重な当時のオリジナルです!
1
く〜やっぱいい!SUNレコードのオリジナルです!しかもアメリカ盤には
珍しい写真入りジャケット、所謂スリーブ付きです!入手困難です!お宝
です!

そして国内盤の再発です!「火の玉ロック」って書いてあるっしょ!
2
ちっちゃくて見えないか!
いずれにせよ、私の大好きな歌手Jerry Lee Lewis の 最大のヒットソング
Great Balls of Fireです。

ジェリー・リー・ルイスは1950年代当時には珍しいピアノ演奏をしながら
歌うロックンローラーで、ピアノに油をまき火をつけて演奏するなど、その
過激なスタイルからキラーと呼ばれていました。
当時メンフィスのSUNレコードからデビューして有名だったのは、ご存知
エルビス・プレスリーでして、ジェリー・リー・ルイスはそこから少し遅れ
る形のデビューとなり、第2作の Whole Lotta Shakin' Going' On  が初め
て全国ヒット3位となり、次いでこの Great Balls of Fire の大ヒットで一躍
スターダムを駆け上り、ロックンロール黄金時代の立役者となったわけです。

しかし1958年のイギリスツアーに出た折りに、3人目の妻として結婚してい
たのが13歳の又従妹と言う事がイギリスのマスコミに報じられ、大騒ぎ!!
当時アメリカの南部では女性が13歳で結婚することや、親戚と結婚すること
は特に珍しい事ではなかったらしいですが、ルイスはなんと前妻との離婚が
成立していなかった為に重婚の罪まで浮き上がってしまいました。
結局はアメリカのマスコミにもバッシングをあび、事実上アメリカの芸能界
から追放されてしまう形になってしまったのです。

もしもジェリー・リー・ルイスに興味がございましたら、売れないピアノ弾
きから大スター、そして転落!と言う半生を描いた映画「グレートボールズ
オブファイヤー」で楽しむ事が出来ます!
この映画結構面白いです。1950'sの感じも良く出来ていますし、なんと言っ
ても13歳の妻役をやっているのが、デビューしたての ウィノナ・ライダー!
メッチャ可愛いです!キュ〜トです!ポップです!是非レンタルで見てくだ
さい。もしもレンタルになかったら私に言って下さい、貸してあげます!
映画にも出て来ますが、なんでもかんでもギター片手にリーゼントと言う当
時のスタイルとはちょっと違い、 これがまた超カッコいいんですよ!
ピアノ演奏しているうちにオールバックが段々乱れてきて黄金のソバージュ
みたいになって・・・マジやられます!

それでは、Jerry Lee Lewis の Great Balls of Fire 当時の映像をどうぞ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.29

Rock Around The Clock

こんにちは 寒い毎日が続いております、もう背中が痛くなってきました。
腰もゴムバンドを巻きたくなる、気持ちの悪い感じが始まる頃です。最悪な
季節に突入です。あげく今週末は台風までやって来ます。マジ最悪です。

そんな気分とは関係なく、前回 Summertime Blues から始まりました私の
レコードコレクションの第2弾をいきたいと思います!

迷いに迷ってNo.2はOLDIESの大御所、と言うよりもRock 'n' Rollの大御所
Bill Haley & His Comets の Rock Around The Clockです。
1010291
こちらがオリジナルDECCAレコードの国内盤

1010292
そしてこちらがMCAレコードの国内盤です。

ビル・ヘイリーは知らなくてもロック・アラウンド・ザ・クロックは誰でも
知ってますよね〜 50's Rockの代名詞になるほどの曲で、あのアメグラの
オープニングにも使われています。
Bill Haley & His CometsはDECCAレコードに移籍するまでは、鳴かず飛
ばずの売れないカントリーグループでした。そして時代はプレスリーの様な
黒人音楽を意識したロカビリーやロックンロールが若者に指示され始めた頃
ビル・ヘイリーも今までのカントリースタイルを変え、新しいスタイルの音
楽を意識し、エセックスレコードからデッカレコードに移籍した1発目のシン
グルがこのロック・アラウンド・ザ・クロックです。
そして有名な映画 Blackboard Jungle のオープニングに使用され、1955年
アメリカのビルボードホット100チャートで8週連続1位という大ヒットを記
録し、ロックンロールの最初で最大のヒット曲と呼ばれる様になったのです。
・・・以上、解り易く簡単に説明してみました。実際には売れない時代から
大ヒットに至までには、もっと細かな経緯があるのですが、長くなるので省
きました。

途中出て来た映画 Blackboard Jungle ですが、私の大好きな俳優ヴィック・
モローが安酒で頭のいかれた不良役で出ていて超カッコイイです。1955年当
時、暴力的な描写が多かった為にアメリカでも日本でも大人には反感を買った
映画ですが、若者の間では大評判となりました。
そんな理由もあってRock Around The Clockは大ヒットしたんだと思います。
因にBlackboard Jungleの邦題は「暴力教室」・・・いつも言ってますが本当
に邦題の付け方 安直すぎでしょ!てか変でしょ!

プレスリーやエディ・コクラン ジーン・ヴィンセント等とは違い、ビジュア
ル的には今一な感じですが、最後に当時の Bill Haley & His Cometsのはじけ
る?Rock Around The Clockをどうぞ!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.10.10

Eddie Cochran

こんばんは!3連休如何おすごしでしょうか?きっと秋の行楽ですよね!
行ってらっしゃ〜い。
私はマイペースに仕事の息抜きで、BLOG書きでもしますかな!

なんと本日は2010年10月10日と言う10のゾロ目でして、10.10.10.記念で
私のBLOGに新カテゴリーが追加されました〜『Record』です!
私が50'sバカと言うのは、いつも読んで頂いている方なら知っていると思い
ますが、アメ車・ハーレー・Vintae古着・50's雑貨 以外にもまだまだ50's
にまつわる趣味が沢山ありまして、その一つがOLDIES BUT GOODIES、
所謂オールディーズのレコード収集です。
とは言いましても、ここ15年くらいはレコードは買っておらず、昔収集家
だったと言ったほうが良いですかね?いずれにせよ20代〜30代前半に集め
ていた、オールディーズレコードはシングル・LP合わせて何百枚という数
になります。 今までこのBLOGで紹介していなかったのがおかしいくらい
です。

前置きが長くなりまして大変申訳ございません。沢山いるオールディーズの
アーティストの中から誰のレコードを1番に紹介するか大変迷うところです、
エルビス・プレスリーではベタ過ぎるので、初回はエディ・コクランでいき
ます!

まずは、Eddie Cochranの代表作!Summertime Blues でございます。
1010101
オールディーズに興味の無い人でも知っている、サマータイム・ブルース!
名作ですよね〜 渡辺美里とか言ってる人いないですよね〜
B面は、こちらも有名Sittin' in the balcony(バルコニーに座って)です。

今日は特別、2枚お見せします!
1010102
A面 THINK OF ME B面 PRETTY GIRL になります。こちらは外国盤です。
ちなみにオールディーズレコードの分野では、なぜか国内盤と外国盤では
国内盤の方がレアで高いです。勿論1950〜1960年代の当時物の場合ですが、
おそらく、国内盤はジャケットに写真や絵が使われている物が多く、収集物
として面白いからだと思います。外国盤は表紙が文字だけの物が多いです。
ですから外国盤でジャケットに写真付きのものは即買い!です。また、当然
ですが、アルバムよりもシングルの方が価値があります。

本当でしたらここで、エディ・コクランについても語りたいところですが、
あまりにも長くなるので、今日のところはやめときます!少しだけ話すと
エディ・コクランの誕生日はちょうど一週間前の10月3日で、私の鮎釣り
の師匠高松さんと同じです!・・・だからトップバッターにしたわけでは
ありませんが・・・
これからはオールディーズ・レコードのカテゴリーもがんがん書きますが、
皆さんの反応はVintage古着と同様な扱いなんだろうな〜とも覚悟してます。

それでは最後にEddie Cochran『Summertime Blues』の当時の映像を!

| | コメント (7) | トラックバック (0)