« やった!吹いた! | トップページ | D-1A »

2011.02.26

N-2A

昨日あんなに暖かかったのに、またまた寒の戻り!昨日との気温差10度だっ
て・・・週末だし、まだまだ寒いし Vintage Flight Jacket でいきます。

N-2A
112261

112262
先月紹介したN-2から私のVintage Flight コレクションもHeavy Zoneに入
りました。今日のN-2Aは1947年にアメリカ空軍がアメリカ陸軍航空隊から
独立した際にN-2から改良されたHeavy Zone用のFlight JKです。B-15Cの
時も説明しましたが、新アメリカ空軍はそれまでの陸軍航空隊のシンボルカ
ラーだったオリーブグリーンを新たにエアフォースブルーに変更しました。
私のパンヘッドもこのエアフォースブルーです!

112263
写真では解りにくいかもしれませんが、私のこのN-2Aはデッドストックで
す。一度も戦闘に出ていないので、AIR FORCE マークもくっきり残ってま
す。シガレットポケットのペン指しのインキャップが2個ともワレずに入っ
ていて、この状態で発見されるのは極めて珍しいです。
製造メーカーはN-2AではメジャーなTHE DRYBAK CORPORATION で、
ここのN-2Aは何故か通常のエアフォースブルーよりも紫がかっているのが
特徴です!

112264
着用されるとすぐに落ちてしまう裏地のセンターバックにあるAIR FORCE
マークも存命、フロントファスナーはCONMARで当然レザーの引手も付い
てます。フードとフロント前立てのドローコードが他のN-2Aよりも太くて
硬いのもDRYBAK CORPORATION の特徴です。
フロントのオキシジェンタブはL-2AやB-15C同様に独立空軍から採用され
たブルーのナイロンタブになります。

以上が私のN-2Aの紹介です。Heavy Zoneはあまり東京では着る機会があり
ませんが、真冬にバイクに乗る時はちょうどいいかもです。
とにかくN-2Aはこの AIR FORCE BLUE がなんともカッコいいんですよ!

|

« やった!吹いた! | トップページ | D-1A »

Vintage Flight Jacket」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
ブログ拝見しました。
今年39になりますが、やっとヴィンテージのN2-Aを手にいれました。
フライトジャケット大ブームの時には20万以上して、当時16歳だった私にはどうにもならず、正に指をくわえて見てるほかありませんでした…
入手した物は肩マークもインナーセンターのマークもバッチリ残っている状態です。
今年の冬は、色が落ち切った安い古着の501に足元は白のオールスターで爽やかにいこうと思います。

またお邪魔しますね、

投稿: ひろ | 2015.10.01 02:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292926/39025059

この記事へのトラックバック一覧です: N-2A:

« やった!吹いた! | トップページ | D-1A »